2011年10月17日

「したたる」がゲシュタルト崩壊

よく、「水も滴るイイ女」とか言いますけど、
水じゃなきゃダメですかね。
カレーなら昨日滴らせてたんですけどね。
気づいたら、あごから滴ってました。
いつから?いつから?!
もー、人と会話しない日はこれだから危険〜。


あー、「滴るような色気」と言うから、「色気」かもしれない、
水のほかに滴ってるのは。

「むせ返るような色気」というのも聞くから、
色気というのは、液体でもあり、気体でもあるんですかね。
香水みたいだね。


カレー臭させてた私は、しかし美味しそうだったかも知れない。
はあ〜、どっこいどっこい。


posted by まよ at 19:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月08日

メガネは顔の一部です。

珍しくメガネを外してコンタクトにしたら、

「今日はスッピン?」と聞かれた(素で)。
posted by まよ at 14:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月06日

募金改札機

ちょっと前まで、JR品川駅構内にチップ制トイレというのがありました。
とてもキレイなトイレで、使った人は入り口のボックスにチップを入れてね、というものです。
でも、無人ですからチップを入れている人は殆どいなくて、今はチップ制ではない普通の無料(?)トイレになっています。

私はそこをよく利用していたんですけど、毎回思っていたのが、「suica使えばいいのに」でした。
トイレの入り口にsuica読み取り機を設置しておくの。
利用時はsuicaで入場して、そこでチップとして10円くらい引かれる、という仕組み。
チップ制を根付かせるのは大変ですが、
多くの人が持っていて、10円20円を少ない動作で気軽に支払えるsuicaなら、
そこをスマートに解決できたのではないかと思うのです。

で、その発展系。
3.11の震災があって、私もわずかながら寄付はしていたんですが、
やっぱりそういうのって、継続が大事だと思うのです。
しかし、続けることこそ、実は一番難しい。
いやな言い方なんだけど、モチベーションが維持できない。
「何とかしたい!」という思いは、時とともに薄れがちです。
日々の生活あるし。他にも天災ふりかかってくるし。
やはり、継続させようと思ったら、寄付する側に何らかのメリットがないと難しいと思う。

でね、suica。
改札口には、いくつか改札機が並んでいますが、そのうち一つを募金改札機とするの。
suicaでそこを通ると、寄付金として、通常の交通費より10円多めに引かれます。
もちろん、その改札機は「寄付用」と明記されていて(寄付先が書かれていると、なおGood)
寄付したい人がそこを通ればいいのです。
これのメリットとしては・・・
  ・寄付したい時にいつでも寄付できる。手軽さ。できることをできる範囲で。
  ・余分にお金取られる改札機⇒空いている
    ⇒寄付すれば、空いてる改札機を通れる(ラッシュ時ね)

つまり、寄付しよう!というのでなくて、単に空いてるところ通りたい、っていうのでも寄付できる。
結果として、続く、のではないかと。

・・・私天才じゃない?
誰も言ってくれないから自分で言うけど。

「継続」=「習慣」だと思うのですが、それを意図的に誘導するは難しい。
いつも結果として、習慣になっていたコトの方が多いと思うんですよね。
でも、suicaはすでに生活のベース部分にかなり入り込んでいて、
いろんなことができそうだなあと思うのです。

言ってるだけなので、ラクなんだけど。
posted by まよ at 19:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。