2012年03月23日

続き

でね、引き続きパンツ話なんですけどね。(やめろ)

パンティストッキングというものがありますよね。
帰国子女によると、アメリカ人はアレを直穿きするそうです。
「パンティ」とつくだけあって、彼らにはあれはパンツなんだそうです。
やつらの考えることは理解できねえよ・・・。
まーつまり彼らはおおっぴらにパンツ見せてるようなもんだから、
そんなこと気にするなと言われたんですけど、
ありがとう、何の慰めにもなってないです。

あと、昨日はあえて、「ズボン」という書き方をしましたが、
いまどきは、「パンツ」と言うんだよね、「パンツスタイル」とかね、
でも、パンツって言っちゃうと、「パンツに穴が開いた」とかやばいからね、
あえて「ズボン」って書いたんでして。
あれを「パンツ」と書いちゃったら、じゃーパンツはなんて書けばいいの、「パンティ」とか恥ずかしいじゃない、バカバカ!!(手遅れ)

にしても、私未だに(ズボンの意味での)「パンツ」って、口に出して言えない。
なんか恥ずかしくて。
前述の「パンツスタイル」とか「パンツスーツ」とかなら恥ずかしくないんですけど。
かといって、「ズボン」って言うのも、いまさら恥ずかしい・・・。(手遅れ)




とか言ってたら、今は「ジーパン」とも言わないんだって!
「ジーンズ」なんだって!
もうやだわかんない。


posted by まよ at 19:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月22日

まー、ちょっとしたことは吹っ飛んだよね。

社内会議に遅れそうで、やべーやべーと思いつつ、
真打は遅れて登場だぜ!っつって、待たせたな!っつって
会議室のドアをバーン!て開けたら全然違う会議で、
偉い人に思いっきり「イラッ」とした顔で見られたよ〜。
お呼びでない、と。

はー、でもそんな失敗も吹っ飛ぶことをやらかした。
会社帰り際に、女の子と喋ってたんだけど、
その子が、私を見て急に「ハッ!」とした顔するから、なんだと思ったら、


ジーパンのおしりに穴が開いてて、パンツ見えてた☆

い  つ  か  ら  ??

ギャー!
もー、もー、私の人生にこーいう面白みはなくていいの!
これがさー、また、これはキャミソールだから!とか言い訳できない位置なんだよ。
割とけしからん感じにざっくりと穴開いてんだよ。

私、ズボンを買うのが苦手でして、(あえてズボンと言う)
このジーパンは妹がくれた、唯一持ってるズボンなのです。
タグに「SEVENTEEN」とか書いてんのが、ビミョーに恥ずかしいけど(その二倍近く生きてるぜ!)、
形がよくて気に入ってて、まー、あらゆるところに着てってるんですよ。

でね、いつから穴開いてたの?っていう話でして。
なんなら、このジーパンはいて、人におしり向けて、かがんだりしたこともあるわけで、
でも、人のズボンのおしりに穴開いてて、パンツ見えてても、きっと言えない人もいるよね。
「あれパンツだよなー・・・」とか思いながら、私と何食わぬ顔で会話したりしてるんだよ!
そいで、次から私を見たら、「あ、パンツの人だ」とか思うんだよ!!

分かるかしら?この言い訳してまわりたい気分!
言い訳っつうか事実なんですけど!
でも、「パンツ見ました?」とか聞けないしね。
もしかしてパンツ見たかもしれない人へ。
それは何かの間違いです。
ということにしておいて。

あまりのいたたまれなさに、いろんな人にメールしたり、電話したりしたんですけど、
母親が言ったのは、
「今度からパンツのコーディネートにも気をつけよう」
でした。
見えること前提。
そして
「見えるのがイヤなら、(パンツ)はかなければいいじゃん!」
というソリューション。

何そのマリー・アントワネット。
posted by まよ at 19:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。