2008年12月29日

クラヤミ食堂レビュー!

遅くなりましたが、クラヤミ食堂@コンラッドのレビュー!
もう、毎回毎回、ネタを発酵させてしまうのは悪い癖です・・・。

クラヤミ食堂では、目隠しをしたまま、手探りでお食事をするイベントです。
メニューは最後まで分からないので、「なんじゃこれ?」と言いつつ、食べるのが醍醐味。

でも、実は料理の写真をこっそり隠し撮りしてきました♪
もちろん目隠ししたまま、手探りで撮ってきたんですよ〜。
メニューと合わせてUPするので、行ってきた人は改めて思い返してみてくださいな。


soup.jpg
栗のグラッセ、スイートポテトとハーブの盛合わせ
かぼちゃのブルーテ ライムの香り
飲み物:Dona Brut
⇒これはかぼちゃスープの写真。栗の〜は真ん中に大皿で置かれて、皆手づかみで食べました。


tomato.jpg
フルーツトマトとタバスコのゼリー仕立て
帆立貝のソテー ヘーゼルナッツとローズマリー風味
飲み物:Cote du Rhome Parallele"45"
⇒トマトのゼリー、「よく知ってる味だけど思い出せない〜!」とモヤモヤしていましたが、タバスコだったのか…。


tori.gif
クスクスとオレンジマーマレードのほうれん草包み
スモーク・ローストした七面鳥のパンケーキロール クランベリーと共に
飲み物:Cote du Venoux Blanc
⇒手が大活躍してるところ。ホントは、春巻きみたいに巻いてあったんです。
"ほうれん草包み"の正体は全然分かりませんでした。
そもそも、そういう料理があんのか!っていうのもあるけど、イチジクみたいな果物かと思ってたよー。


niku.gif
tukeawase.gif
5種スパイス風味の鹿肉メダイヨンとビターチョコレートソース
アーモンドスライスボールと山葵ソースを添えて 人参と蕪の盛合わせと共に
飲み物:Cote du Ventoux Rouge
⇒おいしかった!写真で見るより食べ応えがありました。
ライスボールには食べる前に、スポイトで山葵ソースを注入します。


desert.gif
苺のマリネ バルサミコ酢風味 レモンヴァーベナソルベにクリスマスチュイルを添えて
⇒残骸写真。


この最後のデザートの時に、目隠しをとりました。
デザートの前に「隣の人と手をつないでください」と言われるのですが、その間に、スタッフがテーブルセッティングしてたみたいですね。
目隠しを外すと、目の前には、バラの花びらとコンラッドクマちゃんが。
kuma.gifクマちゃん
そして、デザートを食べながら、メニューの写真と説明を聞きます。

・・・いやー、私の舌は信用ならんと思った。想像と全然違ったよ!
特にワインは、ソムリエがそれぞれの料理に合わせて選んだものだったのですが、赤と白の違いくらいしか分かりませんでした・・・。
まあ、喋るのと、食べるのに一生懸命で、じっくり味わう余裕がなかったというのもあるかも。
ワインに関しては折角だから、一つ一つ説明して、味わう時間を作ってくれても面白かったんじゃないかな、と思います。ブラインドテストじゃないけど。
逆に、敏感だったのは触感かな?
食べ物も触感重視で作られていたように思います。(プチプチ感とかサクサク感とか)
これ、メニュー考えるのも楽しそうだな〜。

あと、手が大活躍しました。
料理っていつの間にか置かれてるんですよ(結構悔しいんだけど、人の気配って分からんもんだねー)
だから、そろそろ来るかな?って頃にテーブルの上を探るんです。
食べるのは皆一斉に、なので、それまで「ナニコレナニコレ?」ってツンツンしてました。
それから、食べるときにも手は必須。
食べ物がどこにあるかが分からないと、フォーク使うのは難しいんですね。
手でつまめそうなものは全部手で食べてました。

というわけで、なかなかレアな食事を愉しめました〜。

レア度で言うと、人との出会い方もかなりレアでした。
先日書いたように、クラヤミ食堂では、その演出上、知らない人同士が席に着くように、図られます。

む、だけど、家を出る時間が近づいてきたので、続きはあとで書くよ〜


posted by まよ at 13:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月08日

「心ある機械たち」+「アート」考

今日はもう終了している展示「心ある機械たち」のレビューです。
いつも、面白そうなのに既に終わっているイベントをWEBで見つけては、地団太を踏んでいるので、私自身はなるべく、会期中にレビューを書くようにしているのですが・・・忘れてました。えへー。
そしてとっても面白い展示でした。えへー。


「心ある機械たち」は、言葉そのまま、まるで心があるかのような機械たちが展示されています。
技術的にはローテクなものばかりですが、その「佇まい」、まさに機械「たち」という表現がふさわしい。
例えば、階段の踊り場に、部屋の隅っこに、機械たちが静かに息づいています。
思いがけず、よい展示でした。

わたしが当初、目当てにしていたのは「ベアリング・グロッケン」というベアリングの球でグロッケンを弾いて演奏する音楽装置。
ベアリングの球って、ほぼ完全な球体だから、ちょっと角度をつけて地面に落とすと、 一定の間隔、弧の大きさ、で跳ねていくんですね。
ポンポン弾かれる、無数の球の軌跡が全て重なるのを目の当たりにすると、これも不思議な感覚があるだろうと・・・。
まあ、つまり磁性流体のように「まだ見ぬ世界」に好奇心を刺激されて、出かけていったわけです。

が!実際は一番始めに書いたような、期待していたところとは全然違う部分で楽しめました。
物陰で動いている機械たち。
ただ、同じ動きを繰り返してるだけなのに、この息づかいはなんだろうと思います。
なんか、視界に機械が入っていなくても、「気配」がするんだもん。

もう、これはちょっと口で説明しがたいので、 ばしばし画像を貼っていきますね。

1階。
静謐な機械たち。
銀河鉄道の夜とかに出てきそう。(あの天文台のシーンとか)
人気がないところで永遠に動き続けていそう。
牛島達治 牛島達治
 牛島達治 川瀬浩介ベアリング・グロッケン

3階の飾り気のない部屋では事務用の椅子がくるくる回っていました。
少し浮かせた脚にプロペラがつけられていて、その動力で回っています。
今村源 kaitenisu2.gif

人型がくりぬかれたキャビネ。
cabi.gif

針金でできた立方体に紙粘土の人形がついてて、くるくる回っています。
この振動で、立方体がゆんゆん揺れます。
hako.jpg

耕作機
牛島達治

階段の踊り場にいた機械。
odoriba1.gif

2階の書籍売り場。
栗原元
変な動きを繰り返す機械たち。

栗原元
真ん中にあるのは押しボタンがいっぱいついた机。
それぞれのボタンを押すと、部屋のどこかで機械が動きます。
ジーッというモーター音を頼りに探すと・・・

栗原元
いた!

地下の制御室?
人の歩くシルエットが、プロジェクターで全室に映写されています。
時々早さが変わったりして、ぞわぞわする。
高橋 啓祐

・・・私写真下手だな・・・

これはこのBankArtギャラリーの雰囲気も大事だったと思います。
このひんやりした空間で音もなく機械が動いてる、そして時折カタン、と音がするというのが良かったのかも。
人も少なかったしね。
会場全体が同じトーンでまとめられていました。


それにしても久々に「アート」を見ました。(美術、はよく見るけど)
私は俗物なので、気持ちいいものが好きなんです。
見て美しいものや、耳に心地いい音、肌触りのいいものとか、でっかいもの(自然)とか。
考え方や言葉遊び、技術モノも「脳髄が気持ちいい」という意味で好きです。

でも、「アート」と言われるものは、時々、そうじゃないものがあって・・・
わざと生理的に気持ち悪くしたり、やたらと不協和音を使うことがあったりしません?
それから何よりも一番嫌なのが、不明瞭なもの!
分かりやすくないとイヤ!というわけでは、もちろんないです。
そうじゃなくてそのアートのコンセプトに対して、出力されたものがそれをうまく表せてない、ということね。
コンセプト自体はすっごく面白いのに、出てきたものは「それで?」って感じのものだったり。

あとは、インタラクティブなものだと、反応が鈍いものとか。
インタラクティブアートにおいて「反応」ってものすごく大事だと思うのですよ。
いくら仕組みが面白くても、あさっての反応されると、イライラする。
同じ理由で、おもちゃ屋のおもちゃみたいに、触られすぎで動かなくなってるものも苦手かな。

まあ、良い悪いではなく好き嫌いの話だし、私の感受性が低いというだけの話かもしれませんが。

ふう、脱線しすぎた。
そういうわけで暫く「アート」を避けてたのですが、
「心ある機械たち」は「アート」としてすごく良かった、ということです。
この展示に限って言えば、先に書いたとおり、トーンが統一されていたことが重要だったと思います。
作家の個性よりも何よりもね。
会場全体が「機械の在り方」というただ一点を示していたから、私が嫌う、不明瞭さというのがなくなっていたのかと。
あと、トーンは同じながら、複数の作家を扱うことで、満足感もあったし。
これは私が貧乏性だからだと思うんだけど、でも、「物足りない展示」って時々、結構、あるよね・・・?
うーんやはり、感受性が鈍くなって、刺激に飢えているだけなのか・・・?


画像にポインタ乗せると作家名が出るようにしました。分かるものについてだけ・・・。
あと、掲載し忘れてた画像。これは会場が別だったのですが。

寂れた喫茶店の中に・・・
kissa.gif

パソコンをいじる鳥さん。
高橋永二郎

星新一の話に出てきそう。
posted by まよ at 23:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月03日

クラヤミ食堂

クラヤミ食堂に申し込んでしまいました。
目隠しして、目の見えない暗闇の中で食事をするというイベントです。
ほんとはお寺がやってる暗やミールというのに行きたかったんですけどねー。そっちはまず予約取れないので。

12月23日@コンラッド 17,000円・・・。

ていうかこのイベントって、複数人で参加しても、全員席バラバラにされちゃうんですよ。
普段ならともかく、クリスマスはそれこそカップルはペアでイチャイチャしたいだろうのに、チケ売れるんだろーか。
そして、わたしは人見知りするのにそんなの大丈夫なんだろーか


でも、「暗闇の中で食事」って非日常なとこがいいんですよね。
2年前にダイアログインザダークっていう、真っ暗闇の中を散策したり、そこでお酒飲んだりするイベントに参加したことがあるのですが、その頃から「暗闇で何かする」っていうのに興味があります。

ダイアログインザダークに参加したのは「完全な闇」を体験したかったからなんですけどね。
ほら、夜、家の雨戸閉めて電気消したとしても、数分もすれば目が馴れちゃうでしょ?
そういうのじゃない「馴れることがない暗闇」が体験できるのが「ダイアログインザダーク」だったのです。
で、そういう真っ暗闇の中で、芝生とか落ち葉の散った地面とか、砂利道とかを歩き、川の上の橋を渡ったり、色んなモノに触ったり、お酒飲んだり、するのです。
全盲の人がガイドとしてついてくれるのですが、彼らはすごいですよ。
コップに飲み物注いでくれるんですが、コップの冷たさで、どこまで注いだか分かるんです。
で、ちょうど良いとこまで入れてくれる。そして暗闇の中でカンパイ。

でも、ほんとに真っ暗なので、結構神経張り詰めてなくちゃいけなくて、結構疲れました。
その点、座って味わうだけのクラヤミ食堂はもちょっとまってり暗闇を愉しめるかな、と。
まあ、こちらは完全なクラヤミではないようですが。

あとは、クラヤミ音楽会も体験してみたいなー。(こちらはダイアログインザダーク主催)
音が飛び出てくるような感じじゃないだろうか。
posted by まよ at 21:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月30日

オトキノコ

7月4日まで、表参道ヒルズに「オトキノコ」というショップがオープンしています。
実は結構前に京都にあったときから気になっていたので、オープンすると聞いた翌日に行ってきました。

「オトキノコ」というのは音を売っているショップです。
色々聞いてきたのですが、「キノコが胞子を飛ばす音」とか「昆虫の交尾音」とか、ちょっとユニークなのが特徴。
また、音に非常にリアルな立体感があります。
「花火」は頭上から火の粉が降ってくるようだし、「走る音」は背後を走り回る誰かを確かに感じましたw

音を触覚に変えるという「ダヨン」という機械も置いてありました。
音の振動を増幅する機械というのかな?
付属の棒から音の振動が出力されるので、それを握って音を感じる、というもの。
これは・・・、一人じゃなくて二人のが楽しいかと。(一人だった人)(まあ、常にね・・・)
付属の周辺機器を使えば小さな音の振動を拾うこともできるみたい。(猫の背を撫でる音とか!)
楽しい使い方:http://www.otokinoko.com/weblog/2008/04/post_16.html

他にWEBではキノコの香り紙とかも売っています。
マツタケとかトリュフとか・・・ちょっと欲しい。

あまり置くものも無いし、規模は小さめの展示。(10分ほどいたかな)
表参道ヒルズでのウィンドウショッピングの一つとして見たり、
もしくはミュージアムショップに置いてあるとちょうどいいくらいの規模です。

「オトキノコ」HP:http://www.otokinoko.com/shop/index.html
posted by まよ at 14:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。